フォトマスター検定、採点。

フォトマスター検定の
解答速報が公開されました。
https://www.pm-kentei.com/

ずっとモヤモヤしていた問題も、
ようやく答えを知ることができます。

準1級の採点結果は、
70問中55問正解でした。
78%なので合格ラインの7割を
何とか越えたようです。
これで落ちていたら悲しいですね。

答えのわからなかった問題も
何問か正解していたので一安心。
ついでなので復習もしておきます。

色彩検定2級に続いて、
フォトマスター検定準1級。
さて次は何にチャレンジしようか…

復職50週目、資格試験。

今日は資格試験を受けてきました。
デザインと同じくらい仕事に密接な
写真の知識を確かなものにするために、
「フォトマスター検定」を選択しました。

受けた級は準1級。
難しかった。とても難しかった。
というよりマニアックすぎる?

参考書はまるで写真用語辞典。
覚える気力を保つのが辛かったです。
それでも勉強内容には実務に役立つ知識が
かなりあったので良かったのですが、
今日の出題内容は正直豆知識レベルのものも。
知っていて役立つのだろうか…と。

試験から帰ってきて見直しましたが、
70問中、恐らく正解している問題が50、
不正解が13、調べてもわからないものが7。
ネットで検索しても答えがわからないままの
問題があるのには困りました。

7割が合格ラインらしいので、
正直かなりギリギリです。
早く解答速報が出てほしいですね。
わからない問題の答えを知って、
モヤモヤを解消したい。

でも、ひとまず終わったことなので、
明日には気持ちを切り替えて
次は転職活動に本格的に挑みます。

復職29週目、色彩検定2級。

抑うつ神経症で休職するまで、
ただただがむしゃらに働き続けてきた私。
10数年の実務の中で感覚は養えましたが、
経験則以外は持っていませんでした。

休職した後、自分の価値は何だろうと
考えることが多々ありました。
特に「形」として誰から見ても
確かな価値を身に付けたいと
改めて思うようになりました。

そして段階的に復職を始めた時、
このまま流れで完全復職してしまうと
何も変われないように思えました。

復職も軌道に乗り始め、
しかし時間の余裕もたくさんある今だからこそ、
「資格を取ろう」と決めました。

今日、色彩検定を受けてきました。
3級をすっ飛ばして2級を受検しました。
自己採点の結果、8割5分正解。
合格ラインは約7割だそうなので、
ほぼほぼ合格できたはずです。

勉強したのは学生の頃以来でしたが、
大人になっても勉強は大事ですね。
本格的な勉強は5月からで短期間でしたが、
新たな知識を身に付けることや、
経験や感覚でわかっていることを
知識と結びつけるのは有意義でした。

ちなみに私が使った参考書はこちらです。

単元別にわかりやすくまとめられていて、
練習問題も豊富。
3級と2級、それぞれの模擬テストもあり、
十分に対策できました。

個人的な勉強方法ですが、
とにかく単元別に集中して勉強し、
自信がついたら練習問題を解いてみる。
間違えた部分を復習したら、
なるべく時間を空けてからもう一度受ける。
勉強してすぐ解くと、
解けて当たり前な気がするので…。

模擬テストは最後の最後。
直前に一切勉強せずに、
なるべくコンディションの悪い状態で受けます。
間違えたポイントを洗い出して重点的に復習し、
復習の翌日以降に再度受けます。
こんな感じで、一度目の模試で7割、
二度目の模試で9割、本番は8割5分。
本番は想定外の問題も出題されたので、
参考書で9割くらい押さえておけると
やはり安心だと思います。

受験料10,000円と参考書2,000円、
決して安くはありませんが、
意義のあるお金の使い方だったと思います。

さてさて、次は何にチャレンジしましょうか。