復職34週目、前進しかない。

仕事に行けないまま今週が終わり、
いつもの心療内科にも行ってきましたが、
何も解決しませんでした。

体調が優れず会社に行けていないことは
主治医の先生にお伝えしましたが、
「週明けに会社の人と話し合うように」
とだけ言われました。

途方に暮れて、ふて寝して、
起きたら頭痛がひどくて、吐き気がして、
頭痛薬を飲んでまた寝て…。

ようやく少し頭がスッキリして、
少しだけ頭の中が整理できてきました。

主治医の先生の真意を想像するなら、
「病状としては回復に向かっていて、
 復職できる段階である」という
復職時の診断から変化なしということ。

そこから先に関しては、
「会社と仕事量や勤務時間を相談しながら
 頑張って社会復帰してね」という
これも同様に復職時の話のまま。

いま仕事に行けないという状況は、
あくまで私個人と会社との問題。
話し合わなければ問題は解決しないということ。

結局、心身の調子を取り戻す手だてはなく、
どうにかして出社するしかないようです。

安易に休んだつもりはありませんでしたが、
結果的に休むこと自体がかなり悪手だったと
今更ながら後悔しています。

とりあえず週明け、
何とか頑張って這ってでも出社したいと
今はそれしか考えられないです。
ただただ、前に進むしかないみたいですので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です