素顔も大切に。

「みんなのうた」のDVDを見ていると、
無性に絵が描きたくなります。
でもなかなか手がつかなくて、
気がつけばこんな時間です。
こんな時間でも描けただけで上出来です。

とりあえず学生の頃に描いていた絵を描けば、
何かの糸口になるかなと、パステルを握っています。

もともと内向的で、笑うことを恥ずかしく思い、
抑え込んでいた子ども時代。
それでも優しい友だちに恵まれて、
何とかなっていた子ども時代。

でも、その友だちから離れてわかる生き辛さ。
だから笑顔の仮面を被って、
新しい環境も一念発起して乗り越えてきました。

いつしかその笑顔の仮面は顔に張り付いて、
さも元々あったかのようになりました。

いつでも笑顔で、誰かのために笑顔で、
無理難題も笑顔で。
そして破綻したのだと思います。

自分の本当の顔はどれだっけ。
きっとどれも本当の顔。
笑顔以外の顔も大切な自分の顔。

病気になって一度剥がれた笑顔。
回復と共に戻りつつある笑顔。
やっぱり笑顔は一番魅力的。
だけど泣いて、怒って、疲れて、
ぼーっとして、そんな顔たちにも
これからは構ってあげたいと、
ふと思いました。

ちなみに絵はパステルと指で描いています。
オレンジがないので、黄色を塗ってから赤を
グリグリ指で混ぜて描いています。
描き終わったらまるで小さな子の手みたいに
なってて楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です