病気のおかげで。

昨年の6月から抑うつ神経症と診断され、
早いもので7ヶ月。
その間、ちょこちょこ遠方の実家に
帰ることがありました。

実は昨年までは、
年末年始もゴールデンウィークも
お盆休みも疲れきっており、
実家に帰ることは本当に稀でした。

しかし、休職したことで
心にゆとりができたのか、
自然と実家に帰ろうかと思えたのです。

今年は実家で新年を迎えることができ、
家族とたくさん話をすることができました。
実家のご飯の味もたくさん味わえました。

病気になって休職したことは、
多くの人に迷惑をかけたうえに、
お金の面でも困ることが多いものでした。

しかし、強制的に休まされて得た
ゆっくりと流れる時間のおかげで、
最も近くにいてくれる人たちの大切さを
思い出すことができました。

これから完全に復職したとしても、
また前のように激しい時間の流れの中、
あっという間に過ぎ去る年月を生きるのではなく、
穏やかに人との繋がりを大切にしながら
きちんと生きていきたいと思います。

病気への備え。

風邪の症状もかなり和らいできました。
もう少し眠れば回復しそうな気がします。

今回改めて思いましたが、
独り暮らしでの病気は危険です。
特に、外に出ることもできないとなると
食料を含む生活物資が不足してきます。

ティッシュがなくなりました。
代わりにトイレットペーパーを
3ロール使いました。残り2ロール。
明日買いにいかなければ…。

食べるものがなくなりました。
出前という手段で乗り切りましたが
お金は余分にかかってしまいました。
ま、期限の迫った楽天ポイントだったので
それほど痛手ではありませんでしたが…。

飲料水が尽きました。
水道水でも平気ですが、
買い置きのペットボトルが全滅です。
これも明日買わないと…。

単なる風邪でもこの調子ですが、
抑うつ神経症になったあの日も
状況はほぼ同じです。

外に出られなくなって、
家の中にあるもので何とか食いつないで、
辛いのでとにかく寝て過ごす。
恋人が様子を見に来てくれなかったら
野垂れ死んでいたと思います。

人はいつ病気になるかわかりません。
一見健康そうに見えていても、
突然動けなくなることもあります。

特に独り暮らしの方は、
食料、水、日用品などの備えをしてください。
私のようにならないように…。

太陽が足りない。

最近、見に染みてわかったこと。

太陽と青空が見えない日は辛いこと。
気温が下がるにつれて、
なかなか布団から出られなくなること。
日没が早まるにつれて、
外出のタイミングを逃しがちなこと。

健康な時でもありがちなことですが、
抑うつ状態だと輪をかけて心身に堪えます。

こんな状態で復職できるのだろうかと、
ついつい後ろ向きになってしまいます。

何もしないで寝てる日があっても、
それは悪いことではないとは思っています。
が、病気が回復に向かい、
復職が目の前に迫ると、
今がすごく貴重な自由な時間に思えてきて、
焦りと後悔が心を乱してきます。

とりあえず晴れた日に備えて、
毎晩カーテン前回で寝ます。
明日は朝日が差し込みますように。

冬がやって来る。

寒くなる冬。忙しくなる冬。
冬は私にとって基本的に厳しい季節。
日照時間も減り、
憂鬱になることも多いようですね。

そんな冬が迫る中、
ようやく復職の話が改めて進み始めました。
予定より少し遅れましたが、
11月下旬には働き出してるかと思います。

結局、勤務体制などについては
現段階でも不明ですが、
会社から連絡があったことで
少々不安が和らぎました。

寒さと復職の不安のダブルパンチで
かれこれ2週間ほど引きこもりがちでした。
意欲もガクンと落ちてしまい
ブログの更新も滞っていましたが、
今日から気持ちを新たに何かしようと思います。

まずは、とにかく太陽の光がほしい。
日光を浴びればスイッチが入ることが
多いように感じます。

うちのサボテンたちも日照不足。
なので、伸び方がヒョロヒョロなのですが、
簡易的にLEDスポットライトを当ててあげたら、 
光に向かって全力で成長中。

やっぱり光の力は重要なんですね。
サボテンを見習って、
冬がやって来ても太陽に向かって
ぐんぐん伸びていきたいと思います。
それがきっと、完全な復職、
完治に繋がると信じて。

挫けそう。

今日も会社から連絡がない。
もうだめなのかもしれない。

昨日はホテルのビュッフェで
復職祝いをしてもらいました。
おめでとう、のケーキまで用意してくれて。

なのに、前に進めない。申し訳ない。
それどころか最近、
体調がどんどん悪くなっています。
一週間以上、お腹の調子が悪い。
朝起きられない。
一人で外出できない。
土日以外はほとんど家に引きこもって
しまっています。

復職絡みで不安なせいなのか、
冬が近づいているからなのか…。
薬を増やしてもらうことも検討中です。

怪しい雲行き。

予定ではあと一週間ほどで
職場に復帰することになっています。

が、勤務体制や傷病手当てのことなど、
まだ決まっておりません。
ただただ連絡を待つ日々です。

主治医の先生にも相談しましたが、
やはり働いてわずかでも収入を
得ることができるようになったなら、
傷病手当ての打ちきりは濃厚。
かと言って、無償で働くということは
社労士の先生もOKしないだろう、と。

段階的に復職するというのは、
なかなか難しいようです…。

不安でお腹と頭が痛い。
そもそも、この時期になると胸がざわつきます。
10年以上、毎年のようにこの時期から
半年近く鬼のように忙しかったので、
休職してても心が焦りだします。

そんな時期と重なる復職なので、
すごく慎重に、ゆっくりと進めたい。
けれど、それができないかもしれない。

もう、少し疲れてきました。

田舎でのんびり。

現在帰省中です。
実家はとても田舎。
私自身は普段賑やかな繁華街の近くで
生活しているので、とても暇です。

でも、のんびりと静かに過ぎていく時間も
たまには悪くないかなと思ったりしています。

今日のおやつはいちじく。
6つも入って350円。

うん、安い。しかも美味しい。
他の果物も野菜も安い。
あと空が広い。星がきれい。
田舎暮らしの良さを改めて感じます。

でもやっぱり刺激もほしい。
抑うつ状態を吹き飛ばすような、
アクティブになれる、
意欲を刺激してくれるものがほしい。

どちらが本当に自分のためになるのだろうか…。

焼き枝豆。

今日はおやつに焼き枝豆。
茹でるよりも味が濃厚で美味しいです。

作り方は簡単。
枝豆を水でもみ洗いした後、
キッチンペーパー等で水気を取る。
鞘の両端をハサミで切って(少し面倒)、
塩コショウを適当に。
あとは熱したフライパンに
重ならないように並べ、蓋をして強火で焼く。
大体3分くらいで枝豆をひっくり返し、
もう片面も軽く焼く。
出来立ては火傷に注意。

復職への不安とお金の不安で、
少々引きこもりがちな一週間。
何か少しでもしようと枝豆焼いていました。

明日は実家に帰省。
復職の報告をしたいけれど、
先行きが不安すぎて迷っています。

もっと元気になってからの方が良いのでしょうか…

どんどん太っていく。

最近の悩みです。体重が微増。
それ以上に体の表面積が
大きくなっている気がすること。

私が服用している薬の一つに
「リフレックス」という抗うつ薬があります。
この薬についてネットで調べてみると、
「太る」という話題が散見されます。

ただ、薬の所為にするのは容易いことです。
問題は休職生活が始まってからの
活動量の低下にあるのでしょう。

動かない時間が多いから筋肉が落ち、
エネルギーを消費することなく脂肪を溜め込むばかり。

筋肉より脂肪の方が軽いはずですよね。
つまり体重が増えているということは…
筋肉が減って、脂肪が激増ということ?

やばいです。非常にやばいです。
散歩程度じゃ解決できない非常事態です。

いずれにせよ、復職に向けて
体力を養うことが直近の課題。

主治医の先生も
「復職してすぐの頃は想像以上にしんどい」と
忠告されていましたので。

筋トレをするか…ヨガもいいらしいけれど…
何とか元の体質に戻していかなければ…。

   

来月復職します。

ある程度決まりました。
来月頭には会社へ挨拶に行き、
上旬には復職予定。
休職から丁度5ヶ月経った日が
復職初日になりそうです。

まだまだ注意力や判断力が弱く、
体力も相当落ちていますので、
半日だけとか、週の半分だけとか、
段階的に復帰していく見込みです。

不安は山積みですが、
確実に一歩一歩前へ進めていると思います。

本当は半年、もしかしたら一年や二年、
働けないかもと思っていました。
もしも、もう少し無理して働いていたら。
もしも、仕事に行けなくなったあの日から
独りで引き篭ってしまっていたら。
回復はまだまだ先。
職も失っていたかもしれません。

予想以上に早く回復・復職できたのも、
早い段階で心療内科へ連れていってもらえたこと、
いい先生に出会えたことが大きいと思います。

何より、まだ結婚もしていないのに
「働けなくなっても養えるから大丈夫」と
ずっと側にいてくれた恋人に感謝です。
色々トラブルありましたが、とにかく感謝。

このブログを見てくださっている
皆さまにも感謝です。
見てくださる方がいるということは、
続ける気力につながり、
毎日の生活の支えになっていました。
スムーズな回復のためにも何かひとつ、
「習慣」を作ることが大切だったのだと思います。

完全な復帰はまだまだ先です。
薬に頼らない完全な回復は、もっと先です。
でもそのゴールを迎える日まで、
ブログは続けていきたいと思います。