復職24週目、ギリギリ。

今週は締め切りラッシュ。
主治医の先生からは「ペース作り」を
言い渡されているものの、
仕事量が多くて早く出社したり
残業したり忙しい一週間でした。

なんとかすべてギリギリで乗り越えましたが、
これをずっと続けていると
一年前の二の舞になりそうですね。

職場自体は好きですし、
仕事内容も好きなのですが…。
現状足手まといですし、
元の仕事量をこなせる自信もないですし、
身の振り方を考えなければ
いけないのかもしれません。

でもまずは週5日、
フルタイム勤務に戻すことが最優先。
それから先は少しずつ考えます。

復職23週目、休み明け。

今年のゴールデンウィークは10連休。
なので、復職22週目は仕事なしでした。

10連休はほぼ予定が埋まって、
遠方の友人を訪ねたり、
実家に帰ったり、
同僚と飲みに行ったり。

とても楽しかった分、
休み明けの反動も大きいですね。
なかなか仕事モードになれない。

今週は丁度、月一の診療の日でしたが、
「会社に行き、決まった時間過ごし、
帰ってくる」というペースを
取り戻すことに専念するようにとのことでした。

しかし、そんな悠長なことを
言ってられないほど仕事はたっぷり。
ちょうど休職した直前の忙しい時期真っ只中。

果たして生き延びられるだろうか…。

復職21週目、GW突入。

無事にGW前の大量の仕事をやりきり、
ゴールデンウィークを迎えられました。

復職してから5ヶ月が経ち、
まだまだ時短勤務ではありますが、
ひとまず週5日勤務もまもなく実現。

それでも給料は全然上がらないので、
現実と言うのは厳しいものです。
現状、時給で働いているため、
GWが10連休もあると、
それだけ給料も減ってしまうのです…。

周囲は「無理するな」と言ってくれるけれど、
そうするとお金がなくて生活できない。
今も貯金は減る一方。
復帰に向けて前向きに頑張っていても、
なかなか報われないですね。

復職20週目、疲労困憊。

復職して20週目となりました。
仕事は順調に?増えていき、
少し疲れはじめています。

ですが、あと少しでゴールデンウィーク。
あと少し頑張れば休めるので、
踏ん張りどころです。

問題は連休明けですね。
長い休みは調子を狂わせるので、
休み明けは少し慎重に。
そのためにも、なるべく連休後に仕事を
持ち越さないようにしなければ。

そろそろ週5勤務に戻したいところなので、
ペース配分に気を使っていきたいと思います。

復職19週目、愚痴です。

今日は仕事でとてもストレスを感じました。
腹が立ちすぎて震えました。
相手のチェック漏れに気付いて確認したのに
雑な受け答えをされ、
そのうえ既に終わったはずの仕事に対して
変更を平然と言ってくる。
こちらはすぐに対応をしましたが、
確認で一時間近く待たされる。
図々しいにも程がある。

でもそんな一握りの嫌な人間のために
いまの仕事を離れるのかと考えると
それも馬鹿らしい。

その怒りをジムにぶつけてきました。
が、体の状態を測定したところ、
筋肉以上に脂肪が増えて凹みました。

ああ、やりきれない。

復職18週目、全力疾走。

久々に外での仕事がありました。
体を動かしていると
デスクワークよりも楽しいですね。
解放感がすごいです。

移動時は常に全力疾走。
別に走らなくてもよかったのですが、
短時間にたくさん仕事ができるので
とにかく走り回りました。

そして筋肉痛。
やっちゃいました。
でも爽快でした。

小さい頃、周囲より体力が劣っていたのもあり、
子供の頃からスポーツは好きではないのですが、
単純に走るということだけは
大人になってから抵抗がなくなりました。
走るとハイになりますね。
抑うつにも何かしらの影響を
与えてくれるように感じます。

当分はまたデスクワークですが、
また走り回れる仕事がしたいですね。

復職17週目、勉強。

だんだんと仕事が増えて
余裕がなくなってきました。
このままでは悪い意味で
元通りになってしまいます。
ただただ日々の仕事に忙殺される生活は
避けなければなりません。

なので、今のうちに勉強しようと
思い立ちました。
「感覚的にわかっているからいいや」と
ずっと受けなかった色彩検定。
感覚と知識を紐付けていけば、
仕事の納得感も変わるはずですし、
何より新しいことに向かい続けたいので。
なので、とりあえず参考書をポチッと購入。

パラパラッと見た感じでも、
ファッションやインテリアのことも学べて
楽しめそうです。
ちょっと気合い入れて知識を身につけます。

ついでにインテリアの話題。
以前から壁掛けの観葉植物「ミドリエ」を
育てていたのですが、
苗ごとの生育環境の違いのせいか、
一部枯れてしまいました。

そこで、思いきって苗を一新。

5本植えられるのですが、
すべて「ペペロミア」という肉厚な葉の
品種に統一してやりました。
乾燥にもそこそこ強いようなので、
しばらく壁の緑は安泰なはず。

仕事の完全復帰、ジム通い、
資格取得に、幅広い趣味。
楽しむことを忘れずに、
決して追われることのないように、
いろんなことに挑戦していきたいですね。

復職16週目、新しい友人。

復職してもうすぐ4ヶ月。
あと2ヶ月で休職した日から1年になります。
現在はちょうど休職の要因となった
繁忙期真っ只中。
ですが、何とか無理せず仕事を
さばけていると思います。

話は変わりますが、
復職直前から解禁されたお酒。
以来、週末は恋人や友人と飲みに行く
機会を徐々に増やしています。

主治医の先生からは
「交遊関係を広げ、生活を楽しくするためなら」
という条件のもとでOKを頂いています。

最近では飲みに行った先で
出会った人たちとも友人になれました。
出会ったその日に意気投合し、
翌週同じ店で待ち合わせたりしています。

まったく新しい友人と接していると、
今までの自分の世界の狭さを感じます。
同時に、過去の自分と同じように、
仕事に悩み、追い込まれていることも
知ることができます。

できれば彼ら彼女らには、
私と同じ道を辿ってほしくはないと
願っています。
決して偉そうなことを言える
人間ではありませんが、
ほんの少しでも私の経験が
心を軽くしてあげる力になれればな、と。

がむしゃらに働いて、
休職して、復職して、働き方を変えて。
この病気が完治する頃には、
休職前とまったく違う価値観も持てているはず。
それを身近な人たちの役に立てたいものです。

復職15週目、飲み忘れ。

少し疲れた一週間、
なんとか乗りきりました。
よくよく考えてみると、
原因は薬の飲み忘れっぽいです。

少し忙しくなり、帰るのが遅くなって、
うっかり飲み忘れたまま寝た日がありました。

翌日は何ともなかったのですが、
翌々日が気持ちが晴れず、
心に余裕がない感じでした。

それに引きずられて、
その日も薬を飲み忘れてしまい、
さらに翌々日が辛くなる。
そんな訳で体に気持ちがついていかず、
あらゆることがネガティブに映る、
非常に疲れた状態になったと考えられます。

治療をはじめて飲み忘れたのは
今回の2回だけ。
薬を減らした時にも感じましたが、
久々に薬の効能を思い知りました。

私はまだまだ治療途中。
きちんと薬を飲みながら、
完全な復職へ少しずつ前進していきます。

復職14.5週目、疲れた。

時短勤務なのに仕事が多い。
勤務日数と時間が増えれば
その分仕事も増えていく。

わかっていたこと。
覚悟はしていたつもりだった。

けれど、現状家計は赤字。
貯金を切り崩しながら、
短い時間で必死に仕事して、
神経すり減らして、
何をやっているんだろう。

そして時折見えてしまう。
私の仕事を肩代わりしている上司の疲れ。
思い込みかも知れないけれど、
私への怒り、呆れ。

十年以上、必死にやってきた。
無茶を全部受け入れてきた。
余裕がなくて仕事が雑にはなっていたけど、
必死に仕事を回してきた。
そして潰れた。

突然休職する人は当然迷惑ですよね。
そして復職者はお荷物ですよね。
私は、いない方がいいのかもしれない。
人生を諦めた方がいいのかもしれない。