自立支援医療、認定。

ひとまず一週間が終わりホッと一息。
復職一週目を乗りきりました。

そんなある日、
ポストを覗いてみると一通の封筒が。
10月くらいに申請に行ってきた、
「自立支援医療」の書類でした。

すっかり忘れかけていましたが、
医療費負担が三割から一割に減免される
とてもありがたい制度です。
無事に認められ「認定通知書」と
「受給者証」の2枚が届きました。

ちょうど昨日が通院日だったのですが、
病院に書類を持っていったところ、
申請日から昨日までの減免分を
返金してもらえました。
薬局の方は次回、同様の返金を
していただけるそうです。

そして、申請日から一年後まで、
医療費の負担が減ります。
収入が減って焦りがありましたが、
少し気持ちが楽になりました。

申請の最初の一歩が億劫でしたが、
役所まで行ってしまえば簡単でした。
通っている病院と薬局を伝え、
書類に必要事項を書き、捺印するだけでした。

休職の真っ只中よりも、
復職しはじめが体力的にも金銭的にも
いろいろとしんどいようです。

私と同じような病気で休職されている方、
将来的に復職したい方は特に、
早め早めに申請しておくことをお勧めします。

遠い道のり、急ぎ足。

今のところ復職は順調です。
余裕をもって出社し、
休職前のことを思い出しつつ
新しい情報も頭に入れる。
古いデータを整理しながら、
次の仕事のことも考える。

自分で思っていたよりも回復しているのか、
かなり余裕があります、仕事自体は。
しかし、まだまだ完全復帰は遠い彼方。
現状は週半分だけ、さらに半日だけの勤務です。
じっくりと本当に大丈夫なのか疑いながら、
慎重に慎重を重ねて、
少しずつ負荷を掛けなければいけません。

しかし、困ったことがひとつ。
やっぱりお金。
傷病手当ては打ちきり。
給与は四分の一。
金額はかなり配慮していただきましたが、
どうしてもお金が足りない。
家賃と奨学金だけで飛んでいっちゃう。
そして、休職中の社会保険料や住民税も
払わなければいけない。

これは参った。
頑張って働き始めた方がお金が苦しいなんて。

だから慎重だけど急ぎ足。
とにかく早く勤務時間を増やさねば。
だけどぶり返しては意味がない。
すでに仕事スイッチが入ってしまって、
気持ちが昂っているようにも思います。

落ち着いて、少し焦って、
そろりそろりと、速足で、
完全復帰まで安全かつ最短ルートで。

ここまでお金のことで危機感を覚えたのは
人生で初めてかもしれません。
復職のタイミング、
私はもしかしたら間違えたのかもしれません…。

段階的な復職。

先日、会社へ行ってきました。
休職してから約半年ぶりで、
まるで10数年前の面接に来たときのように
とても緊張しました。
前日までずっと不安でお腹が痛かった程です。

しかし、会社の人たちは半年前と何も変わらず、
以前のように自然に受け入れてくれました。
私の休職が、業務を根本から見直す
きっかけになったとも言ってくれました。

これから少しずつ、
完全復帰に向けて働き始めます。
まずは週の半分だけ。半日だけ出社。
慣れてきたら時間と日数を増やす。

段階的な復帰のために、
柔軟に対応していただいて感謝ばかりです。

以前から気になっていた傷病手当てについては、
恐らく打ちきりになると思われます。
どこまでが「労務不可」なのか
画一的な判断基準がないため、
まだ探り探りではありますが期待値は低いです。

元の収入の約3分の2いただけていた
傷病手当てがなくなるとしたら、
しばらくは元の4分の1程度まで減ることになります。

まずは貯金を切り崩して生活するしかありません。
お金のことだけをかんがえれば、
どれだけ早く勤務日数・時間を増やせるかに
かかっていますが、
無理をしてぶり返せばすべては水の泡。

どんなに復職に前向きであっても、
こういった問題が目の前にあると
しんどいですね。
でも、きっと乗りきってみせます。

なので、今日から日記のカテゴリーは
「復職日記」へと切り替えました。
更新頻度が少々落ちてきていますが、
今後ともよろしくお願いいたします。

お小遣い稼ぎ。

いよいよ社会へ復帰する日が
近づいてきたものの、
当面はやはりお金で困りそうです。

以前申請した自立支援医療制度についても、
まだ審査結果の連絡が来ていませんし…。

そんな中、実は以前からコツコツと使っている
アプリやサイトがあります。

このサイトの広告を見ての通り、
私はよく楽天で買い物を済ませるのですが、
毎日少しずつでも「ポイント」を貯め続けていると
意外と大きな金額になっていて役立ちます。
そんなアプリやサイトをご紹介します。

1.楽天ポイントスクリーン

ダウンロードはこちらから

招待コード:izLaCA
※上記コード利用で150ポイント貰えます

毎日広告ページを見るだけで、
最低でも5ポイントくらい貯められます。
たまにクジでポイントが当たることも。

2.楽天チェック

ダウンロードはこちらから
https://bit.ly/rkcki01

招待コード:YZEJ1941
※Androidのみ対象なうえに、
 特典もないようです。気が向いたらどうぞ。

実は、私が抑うつの治療のための
日中の散歩に非常に役立ったアプリです。
コンビニやドラッグストア、公園など、
登録されているチェックポイントに行くと
ポイントや抽選クジがもらえます。
ただの散歩で多い日には30円分ほど貰えるので
散歩のモチベーションアップになりました。

3.ポイントサイト Gendama

登録はこちらから

毎日のルーレットやアンケート回答で
ポイントが貰えるサイトです。
ギフト券や様々な種類のポイントと交換可能です。

4.CODE レシートがお金に変わるアプリ

ダウンロードはこちらから
https://code.r-n-i.jp/store

買い物をしたレシートをアプリで撮影し、
レシートに記載された商品のバーコードを
読み込むだけで、WAONやnanacoなどに
交換できるポイントがもらえます。
未登録の商品だった場合は、情報を登録すると
抽選応募用のコインももらえます。
1商品で1円分程度だったりしますが、
日々の買い物で着実に貯まります。

私が活用しているのはこんなところです。

休職して収入が減り、
さらに医療費もかかるわけですから、
当然、無駄遣いは避けるべきです。
でも闘病中だからこそ、
お金を趣味へ投じるということも
治療の一部としてあって良いと思います。

可愛い食器、好きな音楽、きれいな植物、
おいしいご飯、出掛けたくなる衣服、
熱中できるゲーム。

日々を彩る何かのために、
私は今日もポイントを貯め続けています。

お金のことで悩む。

現在、私は「傷病手当金」を受給しています。
収入は休職前の約3分の2。

そして11月より段階的に復職する予定なのですが、
ここまで来て一つの問題にぶつかっています。

それは「傷病手当金」がもらえなくなる可能性があること。

今のところ、復帰してしばらくは
リハビリ期間として多くても週の半分程度の
勤務にしようと話しています。

しかし調べてみると、
そのような勤務体制であっても「労務可能」と見なされ、
支給がストップする可能性が濃厚なようなのです。
そうなると、現在の「元の収入の約3分の2」が
「元の収入の約2分の1」またはそれ以下になる、と…。

段階的に勤務日数・時間・量を
元に戻していく計画でしたが、
これでは生活もままになりません。

無償のボランティア活動であったり、
本当にごく短時間、週1日程度のアルバイト等なら
受給を継続できる可能性もあるようなのですが…。

家賃、食費、光熱費、そして医療費…。
これらを賄える収入を維持したまま、
完全復帰へ向けてのリハビリの形を
会社と相談することにします。

自立支援医療の申請

昨日は病院に行ってきました。
会社へ提出する傷病手当ての申請書類を
書いてもらうことと、
もうひとつ別件があって行ってきました。

知人の知人に私と似た境遇で休職し、
傷病手当てを受けている方がいまして、
その方から「自立支援医療」という制度について
情報をいただきました。

現在、通院する際にかかる費用は、
医療費の3割の額となりますが、
この制度が適用されると1割の負担で済むとのこと。
要は3分の1になるわけですね。
恐らくまだまだ通院・投薬は続きますから、
早めに申請しておいた方が良さそうでした。

そのために必要なものですが、
まずは医師の「自立支援医療申請用」の診断書。
これは掛かり付けのお医者さんに聞けば、
すぐに書いてもらえました。

あとは印鑑と保険証を持って役所へ。
※念のためマイナンバーも用意しましたが、
 私の住んでいる市では不要でした。
 ホームページには書いてあるのに何故…。

窓口で
「心療内科に通っていて自立支援医療を…」と
尋ねたらすぐに担当の方のもとへ案内して
もらえました。

ここまで来ればあとは簡単。
診断書を私、書類に氏名や生年月日、
住所等を書き、通っている病院および薬局の
名称を書いて、捺印して終わり!

ただし、注意点。
主治医の先生からは
「受ける条件が厳しくて、審査に時間もかかる」。
役所の担当の方からも、
「申請者が非常に多く、1,2ヶ月かかります」。

では、いつから適用されるのか。
それは「申請した日」からなので安心しました。
私の場合は昨日の通院から対象ということですね。

あともう一つ。
病院の受付のお姉さんから
「申請日以降の領収書は保管しておいてくださいね」。
仮に制度が適用されることになった場合に
備えて、病院と薬局それぞれの領収書を
クリアファイルにでも挟んでおくことにしました。

ただ、もう少し早く知りたかったですね。
まだ4ヶ月ですが計算すると結構な額ですから…。
収入も減る休職生活にとって、
非常に助かる制度です。

最後に。
病気になると、外出も少なくなり、
人との繋がりも薄くなると思います。
私の場合は、たまたま病気を理解してくれて、
制度にも詳しい人が身近にいただけです。

家族、親戚、恋人、友人、その知人でも構いません。
うつ病や抑うつなどで働けず、
苦しい思いをしている方がいれば、
念のためこの「自立支援医療」のことを
教えてあげていただければと思います。